MENU

地域おこしに、STAY TUNED
あなたが作る物語

新潟県柏崎市は地域おこし協力隊として株式会社柏崎コミュニティ放送(FMピッカラ)の
パーソナリティ兼タレント業務を担う“柏崎ラジオアンバサダー”を募集しています。

この事業は柏崎市、株式会社柏崎コミュニティ放送(以下、FMピッカラ)の2者が連携をして行います。募集内容・申し込みについてはFMピッカラへ、地域おこし協力隊制度については柏崎市 市民生活部 市民活動支援課 活動推進係までお問い合わせください。

柏崎市って?

新潟県のほぼ中央、日本海に面した海のまち、柏崎市。

200年以上の歴史を持つ大露店市である「えんま市」や、越後三大花火の一つ「ぎおん柏崎まつり 海の大花火大会」をはじめとするお祭りが数多く行われ、市内各地でさまざまな催しがおこなわれる、楽しいこと大好きなまち。

車で1時間も走れば、山間地から市街地を抜けて海まで出られるこのまちは、自然と市街の距離が近いという意味では「ちょうどいい田舎」でしょう。

しかし、きっとこのまちは、その言葉にはとどまりません。

中越沖地震を乗り越え、冬の積雪にも毎年耐えてきた柏崎の人たちは温かく、地域のつながりも強いです。そうした土壌で、自分達のまちや地域を自ら良くしていくための活動があちこちで生まれています。

このまちにはまだ見ぬ魅力が、まだまだ、たくさんあるはずです。

そんな柏崎と市民の魅力を、“あなたの表現”で内外に発信してくれる地域おこし協力隊を募集します。

FMピッカラの紹介

2021年に竣工した新庁舎にFMピッカラも入る。
ガラス越しのパーソナリティ。柏崎のニュースと楽しさを日々伝える。
あなた自身が伝える人に。

駅から3分、海まで10分。そこがあなたの仕事場です。

1995年に全国で18番目のコミュニティ放送として開局し、地域に根差した番組作りを行っています。現在の社員数は7名です。また、開局当時から災害放送も行っています。2021年の1月からはスタジオを市役所の新庁舎に移転するとともにJCBAサイマルラジオによるインターネット同時配信を開始しました。

ラジオ局やパーソナリティと聞くと華やかなイメージがあるかもしれません。ですが仕事は多岐にわたりハードワークです。FMピッカラで働くパーソナリティは自ら情報を取り、取材に行き、パーソナリティ業務を行う。大人数の職場ではないため、バックヤード業務もこなします。もちろん声の仕事の研鑽も忘れません。

ミッション型地域おこし協⼒隊員 募集の背景と目的

FMピッカラは今年1⽉に柏崎市役所新庁舎にスタジオを移転しました。インターネットラジオもスタートし、全国どこからでも放送を聞くことができるようになりました。また、昨年からSNSを活⽤した情報発信を行っています。

開局から26年が経ちました。ベテランの社員が揃っていますが、幅広い年代のリスナーを獲得するためには、若い世代の視点によるトークや取り組みも必要になってきます。積極的にまちへ出て、新たな魅⼒を発掘・発信する。また、インターネットなどを活⽤したチャレンジもするにあたり、新しい視点とエネルギーを持つ方と⼀緒に踏み出すことで、前向きな変化を起こしたいと考えています。

そのようなチャレンジをするため、ミッション型地域おこし協力隊という仕組みのもと、人材募集を行うことになりました。

ミッション型地域おこし協力隊とは、具体的に活動内容が決まっています。また、特定のコミュニティに留まらず、まち全域が活動フィールドです。今回はFMピッカラが活動の拠点となります。

担って欲しい業務と求める成果

  1. ローカルタレント業務
  2. ラジオパーソナリティ業務

1年目は柏崎を知りながらパーソナリティとしての基本業務を覚えていただきます。ローカルタレントとして発信なども始まります。
2年目のまちと会社に慣れたころから、少しずつチャレンジを始めます。パーソナリティとして取材や営業をしながら、イベントやポスター起用などローカルタレントとしての活動も行う予定です。
3年目は今までの業務を続けつつ、自分の力でも認知度を広めてもらいます。自分で考え行動することが求められます。

その他にも前述するように、ラジオを放送するまでには様々な仕事があります。やるべき仕事は多岐に渡りますが、主体的に取り組める方を望みます。

FMピッカラパーソナリティのインタビュー

募集にあたり、現役パーソナリティの皆さんからお話を伺いました。

ー今回募集する方の仕事はどのようなものになるのでしょうか。

高橋パーソナリティ
今回募集する協力隊のメインのお仕事となるのはパーソナリティ業務です。ピッカラでは現在、朝・昼・夕方に2時間ずつの生放送を行っていますが、基本的に番組の企画から構成、本番中のミキサーの操作まで、ほぼワンマンで行っています。「よくばりに」自分で番組を作り上げることができ、やりがいがあります。いきなり一人で生放送をするわけではありませんが、ゆくゆくは番組を持ってもらいたいです。

ーコミュニティ放送ならではの番組づくりにおいてピッカラが大切にしていることはありますか?

船崎パーソナリティ
ピッカラでは、多くの市民が出演できる地域に根差した番組作りを行っています。市民の「生の声」を伝える姿勢を大切に、実際に現場に足を運び、日々取材に励んでいます。今回協力隊として来てくれる方には、地域に点在する「柏崎の魅力」をキャッチして取材し、自分の表現方法で柏崎内外の人に伝える仕事をして欲しいです。

ー業務の中には、自らが表立って柏崎の魅力をPRする「アンバサダー」のような活動も含みますね。

高橋パーソナリティ
そうですね。イベントに出演して自らの魅力も活かしながら柏崎を発信したり、チラシ・ポスターに出演したりと、市内外に向けた発信力の強化ができるといいなあと考えています。企業に企画を持って行ったり、セルフプロデュースができると良いですね。

ーそんな業務を担うことになる人材はどのような方が良いでしょうか?

野村パーソナリティ
まずはラジオが好きな人だといいですね(笑)。それから、地域の方に取材に行くことになるので、誰にでも話しかけられるような人懐っこい人だと、まちの人からも愛されるパーソナリティになれるのではないかと思います。

船崎パーソナリティ
まちの人に元気を届けられるような明るさと声を持つ人だといいなあ、と思います。

ーどんなことを楽しめる人ならこの仕事を楽しんでできるでしょうか?

野村パーソナリティ
好奇心が旺盛で、いろんなことに対しておもしろい!と感じられると、この仕事はとても楽しめると思います。普段の生活では出会えないような方々に直接お話を聞き、 色々なことを知られるのがこの仕事の楽しい所だと思います。

求める人物像

  • 地方でやってみたいことがある方
  • ラジオが好きな方
  • 人と話すのが好きな方
  • 好奇心旺盛な方
  • フットワークが軽く、柏崎の情報を自ら取りに行ける方
  • 社会人として基礎的な知識や教養を兼ね備えている方
  • 地方での生活に魅力を感じられる方
  • 雪が降る環境でも生活できる方

募集の概要

募集要項は以下よりダウンロードをお願いいたします。申し込みに際しては、募集要項も十分読んでいただき提出をお願いいたします。


2021年度募集 柏崎市地域おこし協力隊募集要項(PDF)

募集期間

2021年4月12日(月)午前10時〜6月23日(水)午後5時

現地体験「おためし地域おこし協力隊」

本応募の条件として、現地体験「おためし地域おこし協力隊」への参加を必須としています。

日程:2泊3日(次の1〜3いずれかにご参加ください)

  1. 2021年5月27日(木)〜5月29日(土)募集を終了しました
  2. 2021年6月6日(日)〜6月8日(火)募集を終了しました
  3. 2021年6月14日(月)〜6月16日(水)募集を終了しました

試験日

2021年6月27日(日)午後

採用日

2021年8月1日(日)

受入れ団体・定員・業務等

受入れ団体

株式会社柏崎コミュニティ放送(通称:FMピッカラ)

本募集は、株式会社柏崎コミュニティ放送の社員として採用し、柏崎市地域おこし協力隊として市が委嘱(地域おこし協力隊業務を依頼)するものです。

定員

1名

主な業務

ローカルタレント&ラジオパーソナリティ業務

手続の流れ

(1)申込シートの提出

指定の申込シート記入後、(2)の現地体験参加までにEメールでFMピッカラに提出してください。申込シートは市のホームページ(地域おこし協力隊の募集ページ)からダウンロードできます。もしくはFMピッカラに問い合わせていただければEメールでお渡しします。シートを提出していただいた後、現地体験「おためし地域おこし協力隊」に参加していただきます。

(2)現地体験「おためし地域おこし協力隊」

応募者とFMピッカラが、ともに任用後の活動をイメージできるよう、原則として面接試験の前に現地に来て、FMピッカラでの活動を体験していただきます(2泊3日)。

(3)応募書類の提出

6月23日(水)必着

以下の4点を、FMピッカラにEメール、郵送(書留)または持参により提出してください。

  1. 柏崎市地域おこし協力隊員採用申込書(指定用紙)
  2. 履歴書(指定用紙)
  3. 住民票の写し(申込前3ヶ月以内に取得したもの。コピーでも可)
  4. 運転免許証の写し(表裏)

※1 持参する場合は午前10時から午後5時までとなります(土曜日、日曜日、祝日は受付できません)。
※2 1、2の指定用紙は市民活動支援課の募集ページよりダウンロードをお願いします。
※3 提出書類に不備があるものは受付できません。また、提出書類はお返ししません。

(4)試験

筆記・実技・面接となります。会場は、FMピッカラ(柏崎市役所内)で、午後に実施する予定です。筆記試験及び実技試験は、放送業務に最低限必要となる一般教養や話す力を見るものです。また面接試験には、FMピッカラ及び柏崎市の担当者が立ち会います。

(5)選考結果の通知(内定通知)

試験日から、1週間を目処に郵送でお知らせする予定です。

(6)採用

採用日は2021年8月1日(日)です。実際の勤務は8月2日(月)からとなります。ただし、内定通知から8月末までの間で、採用者の都合に応じて調整することも可能です。

勤務期間

FMピッカラ社員としての任期の定めはありません。ただし、柏崎市が地域おこし協力隊として委嘱するのは、採用日から当該年度末日(※1)までです。

※1 期間満了後、勤務状況が良好である場合、年度単位で更新し、最長3年間委嘱します。

応募条件

  1. 採用後、下記の地域要件の転出地から転入地(活動地域)に住民票を異動することができる方。
  2. 地方公務員法第16条に規定する一般職員の欠格条項に該当しない方。
  3. 心身ともに健康で、FMピッカラ職員と協力しながら、地域おこし活動に取り組むことができる方。
  4. 普通自動車運転免許を有している方。
  5. パソコンの操作(メールの送受信、文書作成及び表計算)の操作ができる方。
  6. 大学、短大または専修学校(専門課程)を卒業した方(委嘱日までに卒業する見込みである方を含む)。

地域要件

次のどちらかを転出地とすることが条件となります。

  1. 三大都市圏内(※1)の条件不利地域(※2)以外の区域
  2. 政令指定都市の条件不利地域以外の区域

※1 三大都市圏とは、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県の区域をいいます。ただし、平成17年(2005)年以降の10年間で人口減少率が11%以上である市町村は、三大都市圏外として取り扱います。
※2 条件不利地域とは、過疎地域自立促進特別措置法(みなし過疎、一部過疎を含む)、山村振興法、離島振興法、半島振興法、奄美群島振興開発特別措置法、小笠原諸島振興開発特別措置法、沖縄特別振興措置法のいずれかの適用を受ける区域をいいます。

詳しい要件は募集要項もご確認の上、わからないことがあれば御相談ください。

勤務時間・報酬等

身分

株式会社柏崎コミュニティ放送社員(柏崎市との雇用関係はありません)

報酬および手当

  1. 月額報酬 180,000円(勤務した月の25日に支払い)
  2. 期末手当 なし
  3. 住居手当 27,000円または、賃料月額(共益費や駐車料金を除く家賃)のいずれか少ない方の額を毎月支給
  4. 交通費 通勤及び取材に要する交通費として、5,000円を毎月支給

勤務時間

1週間のうち5日間、次の2つの時間によるシフト制。

  1. 7:00〜16:00(休憩1時間を含む)
  2. 10:00〜19:00(休憩1時間を含む)

※1 土曜日・日曜日に勤務する場合もあります。
※2 時間外労働有、36協定における特別条項有

休暇

  1. 年次有給休暇 採用時に10日
  2. 年末年始休暇 12月29日〜1月3日

保険

健康保険、厚生年金、雇用保険等は雇用先のFMピッカラで加入します。

その他

  1. 放送に必要な設備や、各種作業に必要となるパソコン環境は、FMピッカラが整えます。また、活動に必要な経費(消耗品費、旅費など)は、必要に応じてFMピッカラが支出します。
  2. 活動期間中の住居は、隊員自身で確保していただきます(賃貸アパート等)。家賃補助は、前述の通り27,000円を上限に支給します。
  3. 原則として、自家用車を用意してください。活動中の移動は自家用車を使用します。購入もしくはリース、親族名義の車両であっても隊員が主として管理及び使用するものであれば可能です。
  4. その他、勤務条件等は、FMピッカラの社内規則に従っていただきます。

現地体験「おためし地域おこし協力隊」について

「募集要項を見てもイメージできない」

「実際どんな仕事をするのだろう?」

「柏崎ってどんな場所なんだろう?」

「おためし地域おこし協力隊」は、そんな疑問が解消できる3日間限定の現地体験プログラムです。実際に柏崎を訪れ、柏崎コミュニティ放送での仕事等や市内の人々との交流を体験することで、より具体的に活動や暮らしをイメージすることができます。

双方のミスマッチを防ぎ、隊員となる方の強みを最大限生かして活動するため必須となる過程です。

今回の募集では、おためし地域おこし隊への参加が必須条件となっています。

現地体験「おためし地域おこし協力隊」の概要

  1. 宿泊先は、体験者自身でホテル等を予約していただきます。1泊につき10,000円を上限に、要した宿泊費用を支給します。
  2. 柏崎市までの交通費及び現地での食費等は、自己負担です。
  3. おためし地域おこし協力隊は、NPO法人aisaがプログラムの企画・運営・コーディネートを担当します。

新型コロナウイルス感染拡大防止について

  1. 現地体験及び採用試験に際して、当日まで(2週間程度を目安に)大人数での会食を避けるなど、事前の感染症対策をお願いします。また、当日はマスクの着用や消毒等に御協力ください。
  2. 国内の感染状況によっては、各日程や実施方法などを変更する場合がありますので、ご了承ください。

連絡先

募集内容・申し込みの窓口

株式会社柏崎コミュニティ放送(FMピッカラ)
住所:〒945-0054 新潟県柏崎市日石町2-1 柏崎市役所本庁舎1階
電話:0257-21-3911
Eメール: pikkara@kisnet.or.jp
ホームページ:http://www.kisnet.or.jp/pikkara/

地域おこし協力隊制度に関する問合せ先

柏崎市 市民生活部 市民活動支援課 活動推進係
住所:〒945-8511 新潟県柏崎市日石町2-1 柏崎市役所本庁舎3階
電話:0257-43-9127
Eメール: shien@city.kashiwazaki.lg.jp
ホームページ:https://www.city.kashiwazaki.lg.jp/soshikiichiran/shiminseikatsubu/shiminkatsudoshienka/2/7/2/24943.html

関連リンク

よろしければ、こちらもご覧ください